iPhoneに入っているデータのバックアップ

スマートフォンが登場した事で、電話を掛けたり、電子メールを使うだけでなく、写真などを撮影したり、ゲームで遊んだり、ブログやSNSなどのオンラインサービスを使ったり出来るようになり、端末の中には、数多くのデータが保存される状態になっています。

iPhoneでは、microSDカードのような外部ストレージが使えませんので、内部ストレージに溜め込む形で保存されます。



しかし、iPhoneのデータを定期的にバックアップしておく事は非常に重要であり、バックアップを行っておけば、新しいモデルに変えた時に元のデータを復元しやすいというメリットがあります。iPhoneのバックアップの為のストレージとしては、ポータブルHDDやNASやオンラインストレージなどが考えられます。

NASは、複数のハードディスクやSSDでRAID接続を行い、容量と安定性と速度性を高める事が出来ます。



動画などの大容量ファイルの保存に適しています。

ポータブルHDDは、大量のデータを外出時に持ち歩くのに向いているストレージであり、最近では、衝撃に対する耐性が強力な製品が販売されています。



オンラインストレージは、常時インターネット接続が出来るiPhoneに最適なストレージであり、ネット環境が使えれば、いつでもどこでもファイルを参照したり、ダウンロードやアップロードが出来ます。

このように、多様なバックアップ方法がありますので、大切なデータは常にバックアップしておく事が必要です。